エスニック

武隈の松

武隈の松 宮城県岩沼市付近にある
旧暦5月4日(陽暦6月20日) 岩沼に入る

「奥の細道」原文より
岩沼に宿る。
武隈の松にこそ覚(めさ)むるここち心地はすれ。根は土際(つちぎわ)より二木(ふたき)にわかれて、昔の姿うしなわずとしらる。先づ能因法師思ひ出づ。そのかみ往昔むつのかみにて下りし人、此の木をき伐りて名取川の橋抗(はしぐひ)にせられたる事などあればにや、「松は此のたび跡もなし」とは詠みたり。代々(よよ)あるは伐り、あるひは植継ぎなどせしと聞くに、いまはた今将千歳(ちとせ)のかたりとゝのほひて、めでたき松のけしきになん侍りし。
 「武隈の松みせ申せ遅桜」と挙白(きょはく)
  と云ふものゝ餞別(せんべつ)したりければ、
  桜より松は二木をみつき三月ご越シ

解 説
武隈の松(たけくまのまつ) 
古来より歌枕として有名な松である。
歌枕としては以下のようなものがあげられる。

藤原清輔著「奥義抄」に詳しい記述あり。抜粋して記述すると以下のようになる。
 この松は昔からあるのではない。
 宮内卿藤原元善が任のときに舘の前にはじめて植えた。
 この館が「たけくま」というところにあった。
 この松は野火で焼ける。
 源満仲が任の時にまた植えるが、消失。
 橘道貞が任の時にまた植える。
 その後、孝義という人が切って、橋をつくり絶えてしまった。

佐々木喜一郎著「二木松考」によれば、その後の消息は以下のようになると言う。
現在の二木の松は、第7代目で1862年(文久二年)に烈風で倒伏したあと、岩沼の呉服屋作間屋万吉(七代目)が玉浦村二ノ倉浜に格好の松を見つけて植えたもの。

「岩沼市指定 名勝 二木の松」の標柱のたつ「武隈の松」にある歌
うえしときちぎりやしけむたけくまの 松をふたたびあひ見つるかな 藤原元良

芭蕉の俳句  さくらより松は二木を三月越し (竹駒神社)
この芭蕉句碑は、1793年(寛政五年)芭蕉百回忌に東龍斎謙阿が建立
東龍斎謙阿の句碑 朧より松は二夜の月にこそ

地図 本の80ページ
ポイント(竹駒神社、武隈の松)目安は岩沼駅南あたり
撮影予定の写真  
1 岩沼駅
2 竹駒神社全景、
3 芭蕉句碑、
4 武隈の松
5 「岩沼市指定 名勝 二木の松」の標柱
6 名取川
7  名取川の橋杭
8  後拾遺集の表紙(あれば)

 トップぺージに戻る
エスニック