松尾芭蕉 略年譜


1644年 (正保元年) 1歳
 伊賀の国(三重県上野市)に、平家末流の松尾与左衛門の次男として誕生。幼名は金作。のち忠右衛門宗房と改名。

1656年 (明暦二年) 13歳
父与左衛門死去。

1662年 (寛文二年) 19歳
藤堂藩伊賀付侍大将・藤堂新七郎家に藤堂家の嫡子良忠の近習として仕える。
良忠との出会いで芭蕉は俳諧の道を進むようになる。

1672年 (寛文十二年) 29歳
「貝おほい」なる。

1674年 (延宝二年) 31歳
この年、江戸へ。幕府御用達の魚商杉山杉風(さんぷう)、名主小沢卜尺(ぼくせき)の世話になる。

1675年 (延宝三年) 32歳
西山宗因の俳席にて「桃青」の俳号を用いる。

1677年 (延宝五年) 34歳
俳諧の宗匠として世の中に認められて、其角・嵐雪の門人を得る。

1679年 (延宝七年) 36歳
剃髪して「松尾桃青入道」と名乗る。

1681年 (延宝九年) 38歳
前年の冬に深川に居を移す。この年の春に門人から贈られた芭蕉が、庭先に繁茂したことに因み「芭蕉庵」と号す。

1682年 (天和二年) 39歳
「芭蕉翁桃青」と俳書に署名し、芭蕉の俳号が一般的になる。
12月の江戸の火事で芭蕉庵が類焼す。甲斐の国秋元藩家老のもとに翌年5月まで逗留。

1683年 (天和三年) 40歳
冬に新築した芭蕉庵に移り住む。

1684年 (貞享元年) 41歳
東海道、伊賀、大和、大垣、尾張、木曽、甲斐への「野ざらし紀行」の旅に出る。

1687年 (貞享四年) 44歳
八月 曾良と宗波を伴って常陸の国(茨城県)鹿島に、参禅の師・仏頂和尚を訪ね「鹿島詣」を残す。
十月 伊賀、伊勢、吉野、大阪、須磨、明石への「笈の小文」の旅に出る。

1688年 (貞享五年) 45歳
信濃国更科・善光寺・碓氷峠の「更科紀行」の旅を終えて、八月に江戸に戻る。

1689年 (元禄二年) 46歳
三月二七日(陽暦五月一六日)曾良を伴いおくの細道」の旅に出る。
八月二一日(陽暦十月四日)大垣で旅を終了する。
九月六日 伊勢に旅立つ。この年は大津の義仲寺(ぎちゅうじ)無名庵で越年。

1691年 (元禄四年) 48歳
京都、大津、伊賀などを歩く。江戸に戻る。

1692年 (元禄五年) 49歳
五月中旬 新築された芭蕉庵に移り住む。

1694年 (元禄七年) 51歳
五月に江戸をたち、伊賀、大津、京都などを歩き、句会・遊山に興じる。
伊賀の故郷をたち、大阪に向かう途中病に倒れ、十月十二日(午後四時頃)大阪御堂前の
花屋仁右衛門方で死去。
 十月十四日、弟子たちの手で遺骸は義仲寺に運ばれ埋葬される。

(奥の細道の旅 講談社 1989から引用)
 トップぺージに戻る