みんなで潜ろう三陸海岸

 「海底からのリアルタイム遠隔学習」実施要項

更新日 平成11年7月26日

宇宙から見た三陸海岸の様子(画像は宇宙開発事業団より転載しました)

日本全体  2 南三陸(宮城県) 3 南三陸(岩手県)


小学生のための学習ページ

1 三陸海岸の地理

2 三陸海岸の地名

3 三陸海岸の歴史

4 三陸海岸の生物

5 お役立ちリンク集


趣旨説明と参加校募集のページ

 このプロジェクトの趣旨に賛同する岩手県内の小学校4〜5校を募集し、実際に海底からの映像を受信し地域の産業、自然を学ぶ学習活動を行います。


システム構成紹介

 インターネットを利用して、三陸町の海底と岩手県内の小学校とをリアルタイム映像で結びます。現在、使用が予定されているのは、リアルタイムプレイヤー、1.5メガビットの高速回線などです。


潜水調査会社の機材確認ページ

 潜水調査会社の協力を得て、水中テレビを海底に沈めます。またカメラワークのためのプロダイバー1名と盛岡白百合学園の教師が実際に海に潜ります。その機材の確認ページです。


三陸海岸の下見調査の様子

 平成11年7月3,4日に行った三陸海岸の下見の様子を報告します。これは海底からの学習に三陸海岸の多数の漁港、入り江、湾などの中からどこが一番適しているかを探る調査でした。海底の様子を見たのはもちろんのこと、海岸線まで電話線がきているか、電力供給を受けられそうか等の点を考慮しながら約300キロの旅を行いました。


全体の進行スケジュール

 海洋学習の大まかなスケジュールを掲載しました。(7月21日版) 

今後の目安として利用して下さい。あくまで予定ですので変更されることもあります。


学習のシナリオ

 本番のシナリオ構成です。最初のダイブテストでもこの形で実施し、変更があれば追加・削除などの修正を施したいと思います。


(これまでの流れ)